小児科の主治医について

子どもが赤ちゃんの頃から通っています。
なので、通院歴も長いです。
予防注射から、動脈硬化で脳卒中になる血管年齢とは体調が悪いときとずっとその病院へいっています。
先生は聞くと本当に細かく説明してくれるのでありがたいのです。
しかし、子どもはどうも先生はあまり好きではないようで、尿検査でわかる腎臓の異常を早期に発見するには小さい時にはほとんど泣いていました。
先生がどんなに笑顔でも、話しかけてもダメでした。
ちょっと申し訳なくなることもありました。
最近は少し大きくなってきたのであまり泣くこともなくなったのですが、ほとんど真顔です。
先生の挨拶にも、リアクションがなくて。
兵庫県下伊丹で評判の病院は分かっているのですが、もう少し反応というか、挨拶ぐらいしてほしいです。
子どもにとっては、何度いって怖いようです。
受付では、笑顔で受付のお姉さんとも話しているのですが、診察室に入ると一気に顔色が変わります。
いつまでこの調子かなと少し心配になります。
府下では訪問診療が心配ならそのうち馴れるかなと思っていましたが、なかなか馴れなかったです。
友だちの子どもなどはまったく怖がってないこもいるのですが、全然馴れないうちのこみたいなこもいるんだなと思います。
プラセンタで大阪の福永記念診療所がせめて挨拶ぐらいは出来るようになってもらいたいです。
受付での笑顔が嘘のように病院へいくたびに思います。