地元のかかりつけ医 高野クリニック

高野クリニックさんには、家族全員でお世話になっています。

早期発見したいことならば福永記念診療所がと普通の内科を兼ねているので、子どもから大人まで見てもらえる、本当に地元のかかりつけ医、という感じの医院です。
初めて入った時は、ビルのエレベーターを降りるともう院内で受付が目の前だったのでちょっと焦りました(エレベーターホールみたいなところがあると想像していた)が、最近はもう慣れました(笑)

大阪・生野で外来診療・内科人気の透析病院で待合室はちょっと狭く、いつ行っても混雑しています。
だいたい1時間くらいは待つことを覚悟しなければなりません。
ちょっと大きめの中核病院とかだとネット予約や電話予約などのシステムが導入されていたりしますが、町医者だとまだそういうものがないのだけがちょっと不便です。

兵庫の県下の伊丹で人気の病院はその代わり、診療に入るとしっかり見てもらえるので安心です。
診察後の説明も丁寧にしてもらえたり、薬も子どもが粉薬を飲めるのか、錠剤の方が良いのかなどを確認してくれます。
この丁寧さが地元のかかりつけ医の良いところだと思って、多少混雑していても通ってしまう理由ですね。

慢性腎臓病の予防と早期発見には看護婦さんもテキパキしています。
以前子どもがインフルエンザにかかったときに、検査のために鼻の奥に眺めの綿棒を突っ込んで検体を取るのですが、本当にササッと終わらせてくれました。
別の病院でやってもらったときは脳卒中の痛みを中心にその他の症状に子どもがすごく嫌がっていたのですが、こちらでは「全然平気だった」と言っていました。

病院で「また来たい」というのは変ですが、かかりつけ医として信頼できるお医者さんを見つけることができたのは心強いです。