心療内科のかかりつけ医の体験談をお話しします。

私自身、長年心療内科に通院していて大阪城東区の皮膚科・内科では駅前の心療内科のクリニックに通院しています。
1:評判
通院する前に評判を調べてみたのですが、「厳しい先生」府下で透析実績がすごいといった評判や「優しい先生」「相談にのってくれる先生」と両方の評判があり、迷うことはありました。
持病を発症し、緊急性が高い状況だったので、迷う余裕がなかったのはありますが、少し不安ではありました。
2:実際に通院してみて
訪問診療が県下で一番得意の病院の実際に通院してみて感じたのですが、「厳しいけど優しい先生」といった雰囲気でした。
自分が間違えて失敗してしまったことがあった場合、診察前は「優しく接してくれる」と思っていたのですが「これじゃダメだよ」と厳しい口調で言われ、透析治療開始時期はいつからかえって自分の気持ちを奮い立たせるような気持ちになりました。
その一方、利用できる公的制度や、カウンセリングの料金に関して相談にのってくださり、脳梗塞後遺症のリハビリと再発防止をまた融通も利かせて下さったので、その点は優しい先生で、頼りにしています。
引っ越しした関係で、一時期別の病院に通っていたのですが、療養で以前の住所に帰ってくることになり、改めて病院を探したのですが、やはり以前に通っていたかかりつけの先生にすることにしました。
そう思うようになったのは、これまでの経緯があり、信頼して安心して診察を受けることが出来ると感じたからです。
心療内科の場合、かかりつけの先生との合う合わないがあるので、その点はいい先生に巡り会うことが治療の大前提だと感じています。