歯医者は怖いというイメージ

子供の頃から、いや大人になった今でも、多くの人が歯医者に「怖い」「痛い」などというイメージを持っているのではないでしょうか。
私も例外なく歯医者は恐怖の対象で、行かなくて良いものなら行きたくないと、虫歯になっていることがわかっていてもズルズルと行くのを先延ばしにしていました。

ところがある日、ぽっかりと穴の空いてしまった虫歯が空気ですらしみるように。もう息を吸い込むことさえできなくなり、仕方なくネットで優しい歯医者を調べて駆け込みました。歯医者に行くのは実に6年ぶりでした。

その時の治療で、「恐れていたより全然痛くない」と感じ、驚きました。
あんなに怖かった歯茎への麻酔も、記憶にある注射針よりもずっと細いもので痛みはほとんどありません。麻酔の効きもよく、どんなに削られても全くと言っていいほど痛まないのです。

「こんなに楽ならば、痛いのを我慢せずにもっと早く治療に来ればよかった」と心から思いました。

私は恐怖のあまり治療に行くのをためらっていたため、虫歯がかなり大きくなりそのぶん治療にかかる時間も費用もかなり多くなっていました。
痛くない歯に感謝しながら、今度からはきちんと検診にも通い、虫歯には早めに対処しようと思っています。